最近、どうにも血糖値が気になるようになりました。
なんせ、食べなくてもちょっと甘いものを食べたりすると、300くらいまで跳ね上がってしまい、感情的になってしまいます。
血糖値そのものは、余分にインシュリンを打てば、良くなるのですが、それ以外だとと思うと運動でした。

まずは歩こうと思っているのですが、うちの敷地内がちょっと広いため、ぐるぐると回っておりました。
元々歩くのは嫌いではありません。
健脚なので、そこそこ歩いていても、気持ちがいいという感じです。

元々、住んでいる所にマラソン大会が開かれていて、定年退職者の皆さんが、寒い時も暑い時も、走っていたりします。
なので、私も歩いていて、いつかは走るのかという風に思っていました。
健康作りに走ったり、歩いたりするのは、一番初歩的だと思いますが、室内のウォーキングマシンはおすすめ出来ません。
やはり外の景色を眺めながら歩くのが一番良いと言えるでしょう。
特に室内にこもりっぱなしの人にとって、歩くのは本当に考え方を変えたり、10年先、20年先を見据えての発想など、または花々や四季を楽しみながら、運動になるので、精神的にも気晴らしになるのです。

例えば、バスで駅に出る所を歩いていくだとか、50円浮くバス賃まで歩くだとか、それなりに面白いものでした。
大体、一日一時間は歩いていますね。

何か運動が好きになるのは、やっぱり40になってからだと思っています。
糖尿が国民病になり、健康ブームで、色々と考え始めるようになってきた時代に、運動というのは欠かせないと言えると思います。
なので、歩くというのは、一番簡単でそれでお金もかからず、痩せていくというものでした。
ただ、私としては、プールも視野に入れています。
今後を考えると、生涯出来るスポーツをしておきたいと思った時、ジムや、全身の筋肉作りは大切だと思ったからです。
目下、お金がないのですが、それを視野に入れるというのは、精神的にも歩くというのが効果的であるという証明でしょう。

ダイエットとしての効果は、とにかく歩き回る事です。
一番良いのは、よく眠れるという事でしょうか。
同じくらい良いのに気晴らしになるというのもあります。

そんなこんなで、毎日歩いているのですけれど、靴がダメになって、ちゃんとしたウォーキングシューズがほしいですね。
靴を履きつぶした事が、とても多いですからね。
まあ、よく歩いています。
問題はお腹が凹まない事ですね汗

とある日の事ですが、全く歩く気がありませんでした。
だって、毎回歩いていたら、普通足も痛くなるでしょうと思い、私は、家で寝ていました。
ずっと寝ていて、起きたら、夕方くらいになっていて、困ったと思ったものです。
足がうずくのです。
何度も歩いていると、そこで気持ちが良くなってしまい、スポーツでもなんでもやりたくなるのでした。

結局、歩きながら、とある柔道教室に連絡した事を思い出しました。
ずっと前から思っている生涯やっていけるスポーツというと、私だと、合気道か柔道です。
合気道は聞いた話、師範クラスまでいくのに、相当の年月がかかるらしいとの話でした。
それってどうなのだろうと思いますし、柔道は実は3段くらいまでなら、それこそ2年から3年でとれるのでした。

私は、ダイエットを始めて、その体を動かして健康になるという事に、楽しみを感じてはいました。
まだまだひよっこですが、これからもやっていきたいと思っているのです。

前は体重90kgだったのも、一か月くらい歩いていたら、86kgほどになっていました。
前から話している事ですが、コツは甘いものを取らず、三食しっかり食べるというものです。
糖尿もあるので、脂っこいものは避けて、塩辛いもの、それらを避けると、ゆでた肉だとか、サラダにノンオイルのドレッシングをかけてだとか、そういう食べ物を中心にした方が正解なのでした。

その上で、低血糖対策に良いのがブドウ糖といえるでしょう。
薬局で売っています。
かなり血糖値が上がりますけど、砂糖のように余計な糖分が入っていないので、本当に低血糖にはもってこいのものなのです。

そんな事を歩きながら考えていて、やっぱり柔道だろうかと思った時、まず、体を鍛える事だなと思いました。
お金がなかったので、ジムなどに通える事も出来なかったのですが、取りあえず、六月には、金も何とかなる感じでして、それではと思い、色々思いを巡らせて、物品を売って、さらに一昨年から貯めた一円を郵便局で入金して、それらで水泳着を買おうと思いました。
関係ないですが、私、水着と言ってしまう癖がありますが、男の場合って、海パンというのですね。
普通、初心者は特にそうですよね。

というわけで、近場にジムもあるプールもあるという所があり、そこで鍛えておこうと思うようになったのでした。
金はなんとかなると未だに思っています。
多分、ジムとプールで、8000円くらいではないかと見ています。

ここ数年間ダイエットの為に必死に取り組んできた様々な運動やトレーニング。確かに身体の健康や筋力のアップには繋がったものの、それにしては思ったよりも体重が減らず、一番の課題であったお腹や脇腹の弛みも期待以上に減らなかったというのは正直ガッカリでした。
ただその原因は自分でも良く分かっており、その対策を次にどう活かそうか悩んでいたもの。具体的に言えば運動やトレーニングを進める中で空腹感や食欲まで増進してしまい、我慢出来ず必要以上に食べてしまう事により肝心なお腹周りのダイエットを阻害していたのです。
食欲が上がりモリモリ食べたらる事自体健康である事の大きな証ですから、当面の健康において心配は無いのでしょうが、この状態が続けばいくら運動やトレーニングを頑張っても今以上痩せる事は出来ません。
その事を痛切に感じた約4カ月前から現在に至るまで、新たに取り組み始めた心掛けはやはり食生活に関するものが中心でした。
カロリーや糖質が多く身体に重い主食系をたらふく食べてしまう前にいち早く満腹感を得るべく、本格的なメニュー前にあえてサラダや海藻類をたくさん食べてしまうというのがその一つ。ただあまり味のしないサラダや海藻をメインの前に延々と食べ続けるのは気分的にもストレスが溜まり、いつか直後のドカ食いに繋がってしまうのでは?と心配になってくるものです。
そこで多少糖質は摂ってしまう事になっても、少しでも美味しくたくさんのサラダが食べられる様にと真剣に考えたのが好みに合うドレッシング選びでした。
酸っぱい味覚が苦手な私は一般的に軽いと言われる和風やフレンチ系のドレッシングがあまり好きでなく、必然的に風味が少々強めとなるゴマだれ系のドレッシングをチョイスする事になりました。確かに味が濃い分糖質も多めなのですが、そこは何とか掛ける量を調整する事によりカバー。また少ない分量のドレッシングでも満遍なく全体に行き渡る様サラダに使う野菜は皆出来るだけ細かく刻み、口当たり良く仕上げる事を優先させたのです。
始めのうちは上手く野菜が刻めず、食味も食感もイマイチ・・という状態が続いたものですが、次第に包丁さばきが慣れてくるとそれも解消に向かい、2カ月前からは少量のドレッシングでも十分美味しく感じられる様になりました。
その様な悪戦苦闘もあってか現在ではメインの食事量もスムーズに減らす事が出来た上、これまで目立っていた脇腹の弛みもようやく引っ込み始める等、確実に結果が出てくる様になったのです。