実は10年前よりバストのカップが1サイズあがりました。

トップバストのサイズはかわらないのに、
アンダーがさがったのです。

もしかして、
背中の肉が下に落ちてなくなったかしら・・・と
重力への憎しみを一瞬もったわけですが。
でも、一番考えられるのはブラの機能が上がったからではないかと思います。

かれこれ10年前、数十万する矯正下着を体験でつけたことがあります。
ブラジャーにウエストニッパーに膝までのガードル。
その様は何らかの戦いに勝てそうな装備でした。
妖怪土偶!みたいな感じ。

ただ、たしかにバストやヒップがピンとあがり、
ウエストが驚くほど細い。
そして、なぜかひざ下まですっきり。

矯正下着のポイントは「肉を動かし固定する」ことにあります。

一般的に売られているブラジャーは、せいぜい脇や背中のお肉をバストに集める程度。
本気の矯正下着は違います。
膝の肉をひっぱりあげ、バストまで連れてきます。
あちこちの肉を強制的に動かすので、
着るだけで30分くらい戦いました。

こりゃ、トイレにいくたびに大騒ぎだ・・・と思ったものです。

ちなみに友人は買っていました。
そして驚くほどスタイルが良くなりました。
実際、体重は3キロほどしか痩せていないようでしたが
7キロくらい痩せたのでは?と思うほどの変わりようで。
ただ痩せたおかげで新しいサイズを買わなくちゃいけなく、矯正下着の無限ループにはまっていました。

そして、いま。
きっと市販されているブラジャーも技術があがってるのでしょう。
昔より、お肉を集める力、固定する力があがり、背中のお肉が胸に移動したのではないでしょうか。

また、ナイトブラを使うことでナイトブラの効果ではりや形の崩れを防ぐことができます。
ナイトブラは非常におすすめできるアイテムなのです。

人気のナイトブラの記事では全44種類のナイトブラを徹底比較しているので参考になるでしょう。

ちなみに私は、Gカップと大胸。
そんな私のお気に入りのブラジャーシリーズはワコールのサルートさん。
大胸さんに人気のシリーズです。
他シリーズに比べ、大胸用サイズも豊富で、バストラインが美しく、しっかりホールドしてくれるのです。
デザインが可憐なのも人気の理由。お値段は他よりちょっと高いけど・・・

ただ、困ったことが。
最近のお洋服は肩やら背中が出ているものが多く
「いかにもランジェリー」のサルート商品と相性が良くない。

かといって、大胸さんはヌーブラをすると重みでとんでもなく低い位置にバストが出来てしまったりするわけで・・・
かといって、肩や背中見せ用のブラは大きなサイズがなく、困ってしまうのです・・・
だいたいあってもEカップまでなんですよね。
今はどうしようもない時はEカップのものを我慢して背中見せ用ブラを使っています。しかし、バストラインが汚くなってしまい・・・。

サルートさん!
もっとラインナップ増やして!
と 思う日々なのでした。

ブラジャーって値段の設定の幅がすごいですよね?
安いものは1000円くらいですし高いと20000円くらいします。
私はもちろん安い1000円くらいのものしかしていませんが、一時は少し高めの一枚が2500円くらいのものをしていた時もあります。
それは、例えばちょっと有名な女性下着のメーカーのものでもセール品はそのくらいで買えると教えてもらい、その気になってデパートへ行ったら下着メーカーのセールは無くて、その隣に売られていたそのデパートの独自ブランドのブラジャーがその値段だったのです。

やっぱりブラジャーは良い物を選ぼう!

試着させて貰うと、とてもつけ心地も良くて店員さんも年配の女性の方でしたがすごく親身にアドバイスしてくれて購入に至りました。
その時は二つ買って行きましたがいつもしている1000円のものと何が違うかと言えば、やはり耐久性と機能性が違いましたね。
安いものはすぐに肩の紐のところがヨレヨレになったり伸びて使えなくなりますが、この時買ったブラジャーはそんなこともなくて長く使えたと思います。
それにきちんと胸をホールドしてくれて寄せて上げてくれるので胸も綺麗に見えます。
安いものをあれこれ買うより少し高いものを買ったほうが費用対効果は良いかもしれません。
その二つのブラジャーは相当長く使っていました。
最後はカップが型くずれしたので捨てましたが良い買い物だったと思います。


反対に高すぎる20000円というのは私の働く会社の女性が副業でやっている下着販売のものです。
いわゆる補正下着のメーカーで、流石にブラジャー一つに20000円はかけられないと断りましたが、このメーカーでは修理もしてくれるのでサイズさえ変わらなければずっと使えると言われました。
確かにそうかもしれないけれどサイズが変わらないと言い切れないし修理に出すのも面倒です。
デザインだって色々楽しみたいのに一枚20000円ではそう簡単に買えません。
いくら良いものでも気軽につけられないのは不便です。
そんな訳で私の払ったっブラジャーの最高の値段は2500円止まりですが自分の中ではそこくらいまでが気軽に購入出来る上限なのです。
最近はまた1000円のブラジャーに戻っています。
安いものでもTシャツの上から試着して買うようにしているのでそこまで失敗することはありません。
最近はそんな安いものでも機能性を備えるものが出ており、2500円にはかなわないけれど、まぁまぁ良いというものも多いです。
機会があったらまた2500円のブラジャーを買ってみたいと思っていますが、庶民には1000円のブラジャーでも充分です。

私はスポーツインストラクターを目指すための専門学校へ行っていて、トレーニングについても実技も含めて勉強をしてきました。卒業後は、スポーツクラブに就職し、あらゆる目的や年齢の方を対象に、ジムでの筋肉トレーニングの指導の経験があります。これらの経験をもとに、効果的に筋肉トレーニングを行う秘訣をご説明したいと思います。

筋トレの基礎
筋トレで一番大切なのは、どこを鍛えたいのかを明確にさせることです。せっかく腕立て伏せをしたり、マシンを使ってトレーニングをしても、鍛えている筋肉がわかっていなければ、意味がありません。筋肉は筋繊維が伸びたり縮んだりすることで、鍛えられます。ですから、筋トレにより伸び縮みする部位がそのトレーニング方法で鍛えること出来る部位になります。例えばスクワットだと、太ももの前側、後ろ側、お尻が鍛えられます。また、同じスクワットでも、足を開く幅など少しのフォームの違いでも、鍛えられる部位を変えることができます。筋トレ中は、必ず頭の中と身体で、今どこの筋肉が伸び縮みしているのかをイメージしながら行いましょう。
また、筋トレ中はフォームが非常に重要です。間違ったフォームで筋トレを行っても、意味がありません。例えば腕立て伏せだと、横から見ると頭のてっぺんから踵までが一直線になっているのが正しいフォームですが、お腹が下がったり、お尻が上がったりしている人が非常に多いです。特に、日常生活でも姿勢が悪い人は、筋トレも姿勢が悪い場合が多いです。筋トレをする際は、出来れば鏡の前で行うか、誰かにフォームを見てもらいながら行いましょう。

回数と重さ
これは筋トレも目的によって、かなり変わってきます。一番良くないのは、すごく軽い重りで小刻みに動かすことです。先程も申したように、筋繊維の伸び縮みで筋肉が鍛えられるので、効果的に鍛えるためには、しっかり伸ばしてしっかり縮めてあげなければいけません。また、すごく重たい重りを反動をつけて関節が伸び切るくらいまで動かすのもいけません。これは怪我に繋がるからです。
まず、筋肉を大きくしたい、パワーをつけたいという人は、回数は5回とかでも良いので、最後の1回ギリギリ上げられるかな…ぐらいの重さで筋トレを行いましょう。この5回を何セットか行います。だんだんと筋力がついてきて、最後の1回もすんなり上げられるようになったら、重りの重さを重くしましょう。これの繰り返しです。
次に、筋肉の持久力をつけたい(長距離選手など)人は、12回~20回くらいの回数で、最後の1回がギリギリ上がるぐらいの重さで行います。これも先程と同じで、慣れてきたら重さを増やします。
筋トレというよりは身体を引き締めたいぐらいの気持ちの方は、ギリギリまで追い込まなくても良いですし、マシンを使わず自体重でのトレーニングや、ダンベルトレーニングでも良いかと思います。

まとめ
筋トレを始めるときには、目的にそった方法を調べてから、効果的に行いましょう。また、日常生活から姿勢はすごく大切ですので、意識するようにしましょう。