ダイエットというと歩くことを思い浮かべるがそれは正解なのか

最近、どうにも血糖値が気になるようになりました。
なんせ、食べなくてもちょっと甘いものを食べたりすると、300くらいまで跳ね上がってしまい、感情的になってしまいます。
血糖値そのものは、余分にインシュリンを打てば、良くなるのですが、それ以外だとと思うと運動でした。

まずは歩こうと思っているのですが、うちの敷地内がちょっと広いため、ぐるぐると回っておりました。
元々歩くのは嫌いではありません。
健脚なので、そこそこ歩いていても、気持ちがいいという感じです。

元々、住んでいる所にマラソン大会が開かれていて、定年退職者の皆さんが、寒い時も暑い時も、走っていたりします。
なので、私も歩いていて、いつかは走るのかという風に思っていました。
健康作りに走ったり、歩いたりするのは、一番初歩的だと思いますが、室内のウォーキングマシンはおすすめ出来ません。
やはり外の景色を眺めながら歩くのが一番良いと言えるでしょう。
特に室内にこもりっぱなしの人にとって、歩くのは本当に考え方を変えたり、10年先、20年先を見据えての発想など、または花々や四季を楽しみながら、運動になるので、精神的にも気晴らしになるのです。

例えば、バスで駅に出る所を歩いていくだとか、50円浮くバス賃まで歩くだとか、それなりに面白いものでした。
大体、一日一時間は歩いていますね。

何か運動が好きになるのは、やっぱり40になってからだと思っています。
糖尿が国民病になり、健康ブームで、色々と考え始めるようになってきた時代に、運動というのは欠かせないと言えると思います。
なので、歩くというのは、一番簡単でそれでお金もかからず、痩せていくというものでした。
ただ、私としては、プールも視野に入れています。
今後を考えると、生涯出来るスポーツをしておきたいと思った時、ジムや、全身の筋肉作りは大切だと思ったからです。
目下、お金がないのですが、それを視野に入れるというのは、精神的にも歩くというのが効果的であるという証明でしょう。

ダイエットとしての効果は、とにかく歩き回る事です。
一番良いのは、よく眠れるという事でしょうか。
同じくらい良いのに気晴らしになるというのもあります。

そんなこんなで、毎日歩いているのですけれど、靴がダメになって、ちゃんとしたウォーキングシューズがほしいですね。
靴を履きつぶした事が、とても多いですからね。
まあ、よく歩いています。
問題はお腹が凹まない事ですね汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です